今野緒雪、コバルト文庫。マリみて最新刊を書店員が平積みするタイミングで略奪してみました。そして一気に読む。うむ。やはり面白い。いい方向に予想を裏切られ、あと個人的に気になっていたいくつかが一気に解決し。大きく話が動いた今回だけど、今までの小刻みな動きと比べても丁寧な部分が損なわれていないのはいい。細やかな部分こそが、マリみての誇るべき最高の部分だと思うので。そこをなおざりにせず、上手く次につなげる今野緒雪の構成力にはやはり簡単のうめきを禁じえない。文章もいつものように癖を癖と感じさせない変化球で、といいたいところですが少々今回は荒い。一人称と三人称の混同はいつものオーバールールなんだが、一人称視点の予告ないスキップは少々アクロバット過ぎて目が廻りました。まぁスッゲ満足でございます。おかわり下さい。(魯鈍な顔で)