綾部「こんなこと滅多にないから!ある意味貴重な体験ですよみなさん」